オアシス掲示板

ホーム
お知らせ
【足がつる!原因と対策】

【足がつる!原因と対策】

2016年07月05日
お知らせ

今回は、足がつる原因と対策紹介致します。

皆様は、運動中に急に足がつった事や、夜中に足がつって激痛で目が覚めたりした事ありませんか?

さて、この足がつる痛みは、約60%の人が経験しているといわれています。

 

日本人の2人に1人は、足のつりによる激痛を経験しているんですね。

皆様は大丈夫でしょうか?

では、なぜ足がつってしまうのでしょうか?

 

原因

  • ■筋肉疲労(準備体操整理体操なしの急な運動、歩き過ぎやオーバーワーク等)
  • ■水分、ミネラル不足(夏場高温やスポーツによる多汗、ミネラル等の栄養不足、お酒、コーヒー、緑茶等の飲用、)
  • ■冷え(夏のエアコン、冬の寒い時期、足等の筋ポンプ作用の低下)
  •  

上記のものがある事によって、筋肉の収縮運動を司っているセンサーが正常に働かなくなることが主な原因です。

よく足がつる方は、少しご自分の日頃の生活を思い出してみて下さい。

もし、上記の項目が当てはまる方は、次のことを気にして行ってみて下さい。

 

  • 運動前や運動後に必ずストレッチをしましょう。
  • 無理な運動は怪我にもつながりますので気を付けましょう。

日頃の生活でも、筋肉疲労は起きていますので、スポーツをしていなくても気にすると良いと思います。

 

  • マメに水分を取りましょう。
  • 特にお水だけよりスポーツドリンクも飲むようにしましょう。

汗などで失ってしまうミネラルがバランスよく配合されています。

ですがお酒、コーヒー、緑茶は利尿作用が働きやすいため、吸収よりも排出されやすくなってしまうので注意しましょう。

 

ミネラル不足であれば、食事から摂取すると良いと思います。

特に不足がちなミネラルは、マグネシウム、カリウム、カルシウムです。

ミネラル補給を意識してバランスの良い食生活を心掛けましょう。

 

  • 冷えるという事は、筋肉が緊張(硬い)している状態なので、
  • 血液循環が悪くなっているのでなるべく冷やさないようにしましょう。
  • 昼間はひざ掛けや靴下、ストッキング等で防寒し、夜は足を温めて筋肉を柔らかくしましょう。
  • 足湯や湯船につかって温める、ストレッチして筋肉を緩める。
  •  

また、普段から身体を温めるような食材を意識して食べたり、冷たいものを避けるようにすることも大切です。

 

体を温めてくれる栄養素は、血行を良くしてくれる「ビタミンE」→(ナッツ類、いわし、かぼちゃ、ほうれん草、タラコなど)、

糖質を燃やしてエネルギーに変えて体を温める「ビタミンB群」→豚肉、いわし、マグロ、卵、ごまなど

※ビタミンB1は「アリシン」という成分を一緒にとると吸収がアップします。

 アリシンを多く含むのは、ニンニク、にら、ネギ類です。

体温が下がるのを防ぐ「鉄」などがあります

 

下記にミネラルの種類と多く含む食品の表を添付してありますので参考にしてみて下さい。

 

ミネラルの種類と多く含む食品

表

 

なんとなく、足がつる原因がわかりましたか?

もし足がつりやすい方は、少しでも良いのでご自分の日常生活を気にしてみて下さい。

 

 

豆知識

 

足がつる事をこむら返りと言いますよね。その意味は「こむら」っていうのは“ふくらはぎ”のこと!

ふくらはぎの筋肉に腓腹筋というのが有ります。こむらは漢字で腓腹筋の「腓」と書きます。

 

昔の人は“ふくらはぎ”のことを「こむら(腓)」って呼んでいたそうです!

なので、足がつると、この“ふくらはぎ”(腓腹筋がひっくり返ったように感じるから、「こむら返り(腓返り)」って呼ばれるそうです(^∇^)

 

オアシス整骨院   福井 優

ご予約・ご相談はお電話にて承っております。

03-5951-0770

住所:東京都豊島区東池袋4丁目27-10サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内

営業時間
【午前】
10:30~13:30
【午後】
15:00~20:30
【土曜】
10:30~16:00
【日曜】
10:30~15:00
定休日水曜日・祝日

駐車スペース:近隣のコインパーキングをご利用ください。

営業カレンダー