肩こりの原因は、意外にも「枕が合わない」こと?|池袋東口で口コミ評判のオアシス整骨院池袋東口院

診療時間

スタッフブログ

肩こりの原因は、意外にも「枕が合わない」こと?|池袋東口オアシス整骨院

肩こりの原因は、意外にも「枕が合わない」こと?

「枕が合わない」とおっしゃる方は2つのパターンに分かれます。

1:具体的な痛みの症状が出る訳ではないが、しっくりこない。

  枕が高いや低い、柔らかすぎ、硬すぎで寝にくいと感じている人。

2:朝起きた時に、首・肩・背中への張りや頭痛などの症状がでる 

  枕が合っていないことを実際の症状で感じる人。

 

◆1に当てはまる方
本当に自分に合っていない枕なのか、痛みの原因であるほど合っていない訳ではないかも?

その時は好みに合っていないのかも。と原因が明確にわからない方です。

◇2に当てはまる方
枕の素材や形状、固さや高さなどとの自身の頭と相性、さらには首の長さ、太さ、肩幅の広さ、寝姿勢にも合っていない可能性が高い方です。

こちらの方は、自身の首や肩の神経や血流に圧迫が生じ、それが痛みへと繋がっているのです。

さらに、若い時はどんな枕でも寝られたが、年齢を重ねて自分の合う合わない枕が出る方もが多いのが現状です。

これが肩こりの原因が枕にあるかもしれないということです。

 

2の枕が合っていない事が原因で痛みが生じる方への情報を案内いたします。

 

枕が合わない「5大要因」とは?

基本的な事例として、枕が合わない5大要因を紹介します。

 

【要因1.枕が高い】

仰向け時、横向き時では感じ方が変化し、基本体に仰向けでは低めが良いとされ、横向きでは少し高めが良いとされています。

【要因2.枕が低い】

特に、横向き寝の人は低い枕が原因となります。

【原因3.枕が硬すぎる】

多少の硬さは好みですが、あまり硬すぎると横向き時には耳が痛み、仰向けでは首への圧迫が強すぎてお勧めはできません。

【原因4.枕が柔らかすぎる】

柔らかすぎる枕は沈み込むことで不安定になります。頭が固定せず、首まわりの痛みの原因にもなります。

【原因5.不安定】

柔らかすぎる枕や、中素材が移動してしまうことで形が変わるような枕がありますが、これも頭・首の支え方が変化して痛みの基となります。

 

合わない枕で寝ることの「デメリット」

枕が合わずに寝続けることで以下のデメリットにも繋がります。

 

・首すじへの痛み

仰向けでの高すぎる枕、横向きでの低すぎる枕が原因です。首周辺の血行を阻害してしまいます。

 

・肩や首こり

仰向けでは高い枕や不安定な枕で首・肩との間に隙間ができることが主な原因です。

起床時にも関わらず肩が「こる」人はこれにあたります。

 

・頭痛 

不安定な枕、低い枕が原因で熟睡できないことが主な原因となります。

・腰痛

高い、もしくは低い枕が原因で首に優しい枕は腰にも優しいのと同じです。

 

・いびき

これは、主に高すぎる枕が原因になります。中でも慢性的ないびきは要注意です。

 

・ストレートネック

高すぎる枕が主で、横向きの時間が多い人は低すぎる枕には要注意。

 

・睡眠不足

枕が合わず、熟睡できずに慢性的な睡眠不足に繋がります。

・無呼吸症候群

身体的要因が占めるとも言われ、合わない枕での呼吸がしづらい状況になると、さらに無呼吸が強く現れます。

 

上記の症状は、東池袋オアシス整骨院に来院される方の多くがお持ちの症状です。

 

◆枕の「調整方法」とは?

使っている枕を改善するにはどうすればいいのでしょう?

まずは、タオルなどを使用しながら以下のちょうどいい高さに調整してみてください。

 

・仰向け時では高くなりすぎない 

・横向き時では肩幅も考慮して枕の両サイドを高めに調整する

・肩が圧迫されないような高さが理想

 

以上のことに注意して、自分に合った枕で睡眠の質をアップさせましょう!

東池袋のオアシス整骨院では、お一人お一人にあった高さを身体の状態をみて説明させていただきます。

東池袋オアシス整骨院のご案内

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分