半月板損傷|池袋東口で口コミ評判のオアシス整骨院

診療時間

半月板損傷

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝を動かす時に引っかかったような感覚がある
  • 膝の曲げ伸ばしの際痛みが走る
  • 膝がよく腫れる
  • 膝あたりがいつもだる重い
  • 歩き始めの際鈍い痛みがある

半月板損傷とは?|東池袋 オアシス整骨院

半月板は、膝の大腿骨と脛骨との間、内側と外側にある線維軟骨で、衝撃を吸収し膝への負荷を分散する働きがあります。
ここに亀裂が入ったり欠損したりして、引っかかりや痛み、熱感、こわばりなどを感じるのが半月板損傷です。
悪化すると膝に関節液が溜まったり、膝が動かなくなったり(ロッキング)して、激痛に襲われることもあります。

半月板損傷の原因とは?|東池袋 オアシス整骨院

主な原因は、体重をかけた状態で膝を捻ったり、衝撃を受けたりすることです。
最も起こりやすいのは運動時で、特にバレーやサッカーなど瞬間的に膝に負荷が加わることが最大の原因です。

半月板自体は神経が通っていませんが、周辺が炎症を起こすことで様々な症状が現れます。
また、運動時の損傷の場合、前十字靭帯損傷や内側側副靭帯(ないそくそくふくじんたい)損傷も同時に起こることがあります。

その他、加齢によって半月板がもろくなると、ちょっとした動作やケガでも損傷してしまいます。

当院の治療方針|東池袋 オアシス整骨院

整形外科で行なわれる治療には、保存療法と手術療法があります。
半月板は血流のある外縁部分とない中央部分があり、血流があれば栄養が届くため、安静や抗炎症薬、リハビリなどで効果が出ます。
しかし血流がない部分が損傷した場合は手術を行なうことが多く、しかも半月板を切除してしまう手術が一般的です。
すると半月板付近にある関節軟骨に負担がかかり、変形性膝関節症を発症しやすくなることがわかっています。

豊島区東池袋のオアシス整骨院では、「傷ついた部分は切る」西洋医学ではなく、「あるものを改善し生かす」東洋医学に基づいて、鍼灸や手技、電気治療などを患者様の状態に合わせて行なっています。

まず、痛みがある場合は炎症や熱感がおさまるまで安静にし、症状が落ち着いてから治療を始めます。
損傷した半月板の周囲は筋肉が緊張しており、軟部組織も硬くなり可動域が狭まっています。
そこで柔軟性を回復し、血流を良くするための治療を行ないます。

また、安静や固定によって落ちた筋力を取り戻すトレーニングでは、極力半月板に負担がかからないよう膝周囲を重点的に鍛え、可動域を広げ筋力を強化していきます。
さらには、ケガしにくい身体へと変えていくための独自トレーニングも提供しております。

半月板損傷の治療で芳しい結果が出ないとお悩みの方は、ぜひ一度豊島区東池袋のオアシス整骨院にご相談ください。

  • 産後骨盤矯正初回限定2,980円

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分