ランナー膝|池袋東口で口コミ評判のオアシス整骨院

診療時間

ランナー膝

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝の外側がよく炎症を起こす
  • 運動後膝に違和感が出る
  • 走っていると膝が痛くなり、少し休まないと続けられない
  • 湿布を貼っているが効果がない
  • 治療で痛みは軽くなったが再発が怖い

ランナー膝とは?|東池袋 オアシス整骨院

ランニングやジャンプなど、膝を屈伸する行為が多いスポーツによって、太もも外側の腸脛靭帯が膝の外側の出っ張りとこすれ合って起こる炎症や痛みを、ランナー膝といいます。
マラソン選手に多いことからこの名がつけられましたが、膝への負担が大きい運動にはつきものの疾病です。
また、営業職で長時間歩く、配送業などで重い荷物を運搬するといった人にも起こることがあります。

ランナー膝の原因とは?|東池袋 オアシス整骨院

ランナー膝の原因は、使い過ぎ(オーバーユース)です。
その要因には、下半身への負担の蓄積、正しくないフォーム、股関節や体幹の筋力の弱さ、偏平足などが挙げられます。
股関節周りや体幹の筋肉が不足している場合、太もも外側の腸脛靭帯に負担が強くかかってしまい、それが硬くなった大腿筋膜張筋と摩擦を起こし、痛みが出るのです。

しかし、この障害は骨には異常がないためレントゲンでは確認できず、確実な治療法もありません。
湿布薬や鎮痛薬、神経ブロック注射などの対症療法が主で、後は安静や超音波などの物理療法で炎症を抑えることしかできないのです。

当院の治療方針|東池袋 オアシス整骨院

オーバーユースによる痛みは、炎症を抑えることが大切ではありますが、それだけではほとんどの場合再発します。
その理由は、根本の原因は膝以外にあるからです。
豊島区東池袋のオアシス整骨院では、ランナー膝の本当の問題は、身体の歪みやインナーマッスルの弱さから来ていると考えています。

当院では、まず痛みや炎症を鎮めるために、アイシング、鍼灸、電気治療、マッサージなどを行ないます。
その後、骨格矯正や骨盤矯正、ストレッチ、筋膜リリースなどの施術で、関節の可動域を広げていきます。
大殿筋や大腿筋膜張筋など、膝の負担を和らげ運動の際に重要な役割を果たす部分を中心に、全身のバランスを見ながら整えていくことで、これまでかかっていた負担を減らしていくことができるのです。

さらに、正しいフォームを維持できるよう、EMS機器で体幹に高周波を流し、インナーマッスルから鍛えていきます。
それと合わせ、股関節を中心としたマンツーマンの下肢の筋力トレーニングで、より無駄のない美しいフォームに修正していくことができます。

また、靴が合わないとお悩みの方には、自分にぴったり合わせられるよう、オーダーメイドのインソールのご紹介もしています。

ランナー膝でお悩みの方は、豊島区東池袋のオアシス整骨院で再発しにくい正しいフォームを手に入れましょう。

  • 産後骨盤矯正初回限定2,980円

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分