診療時間

脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • お尻や脚がよく痛くなる
  • 休み休みでないと長距離歩けなくなった
  • 前屈みになっている時は楽だが、真っ直ぐ立つと痛みが起こる
  • 起床時腰の痛みでなかんか起き上がれない
  • 元のように歩けるためには手術しかないと言われた

脊柱管狭窄症とは?|東池袋 オアシス整骨院

脊柱管狭窄症とは、背骨内にある脊柱管という神経の通り道が狭くなり、お尻から脚にかけて痛みやしびれが起こる病気です。

背骨は本来ゆるやかなS字カーブをしていますが、このバランスが崩れて内部の脊柱管が細くなり、内部の神経を圧迫することで起こります。
特に多いのが、脊柱管内部の脊髄が枝分かれした馬尾神経やその近くにある血管が圧迫されて発症するものです。

神経はレントゲンでは写らないため、MRIやCTなどで検査しないとわかりません。
また、似た症状に末梢動脈疾患があり、その見極めが難しいといわれています。

脊柱管狭窄症の原因とは?|東池袋 オアシス整骨院

最も多いといわれるのが、加齢によって椎間板が弾力性を失い、不安定な状態になってそれを支える靭帯が太くなり、脊柱管が狭くなる症状です。
ヘルニアと症状が似ていますが、ヘルニアが水分を多く含む椎間板内部の髄核がずれるのに対し、脊柱管狭窄症は加齢によって椎間板の水分が減少し、後方にずれてしまいます。
また、痛みもヘルニアは前屈みになると痛みが増し、狭窄症は反らすと痛みが強くなります。

他の原因としては、腰に負担がかかりやすい生活を送っていることが挙げられます。
例えば、介護の仕事や重い荷物を運んだりする仕事の人は、この病気に罹りやすい傾向があります。
また、喫煙や運動不足、骨粗しょう症なども一因となります。

当院の治療方針|東池袋 オアシス整骨院

一般的な治療には、痛みを抑えるための投薬や、動きを制限するコルセットの装着などがあります。
また、悪化した場合は手術という方法を取ることもありますが、いずれも根本的な解決にはならず、再発することもよくあります。

豊島区東池袋のオアシス整骨院では、いつまでも健康でいていただきたいからこそ、そのような対症療法ではなく根本からの改善を目指しています。
そのためにはまず問診と触診に時間をかけ、患者様一人一人の症状や状態を確認していきます。

ほとんどの場合、腰を反らす際に使う筋肉が硬化しているので、その部分の柔軟性を取り戻すために鍼灸治療や電気療法、マッサージやストレッチなどを行ないます。
また、骨盤や背骨の歪みがあればその部分から矯正し、再発しにくい身体を作り上げていきます。
さらに、院内で行なうパーソナルトレーニングや自宅での運動などの指導も行ない、筋力が低下しないようにしていきます。

腰や脚の痛みは、患者様一人一人に合わせた的確な治療に定評がある、豊島区東池袋のオアシス整骨院にお任せください。

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分