診療時間

五十肩

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 腕が痛くて上まで上げられない
  • あまりの激痛に夜も眠れない
  • 服を着るのも困難なほどの痛みがある
  • 痛むのが怖くて腕を使った作業ができない
  • 整形外科に行ったがレントゲンで異常なしと言われ何もしてくれなかった

五十肩とは?|東池袋 オアシス整骨院

五十肩、あるいは四十肩と呼ばれる症状は、最初に肩周辺に違和感を覚えてから数日後には猛烈に痛くなり、腕を上げたり後ろに持って行ったりすることができなくなる疾病です。
特に40代~50代に多いことからこう呼ばれますが、正式名称は「肩関節周囲炎」です。

大体最初の2週間程度を急性期、それ以降を慢性期といい、半年ほど過ぎて徐々に痛みが軽快していく時期が回復期です。
ほぼ元の状態まで戻るのに半年から1年前後かかることが多く、中には片方の肩の症状がおさまったら反対側の肩が四十肩・五十肩を発症した、というケースもあります。

五十肩の原因とは?|東池袋 オアシス整骨院

直接の原因は、肩関節を構成する骨や軟骨、腱、靭帯などが老化して炎症を起こし、関節を包む関節包に支障が出て動きが悪くなるためです。
しかし、なぜそうなるか、というところまではわかっていません。
糖尿病患者やある種の抗がん剤が、リスクの発症を高めるともいわれています。

当院では、デスクワークやスマホの長時間使用などによって姿勢が悪くなることが、大きな要因だと考えています。
常に猫背でいると肩関節周辺の筋肉が凝り固まってしまうため、その状態のまま肩を動かすことで組織がダメージを受け、炎症を起こすのです。

当院の治療方針|東池袋 オアシス整骨院

四十肩・五十肩は整形外科では原因不明とされ、特に治療は行なわず、湿布薬をくれる程度のことがほとんどです。
すると患者様は自己判断で無理に運動をしたり、逆にできるだけ使わないようにしたりするため、肩関節がさらに傷ついたり、動かさなかったために可動域が狭まったりしてしまうケースがよく見られます。

豊島区東池袋のオアシス整骨院では、この痛みにお悩みの患者様にしっかりと寄り添い、一日も早い回復を目指しています。
まずは炎症を抑えて痛みを軽減するため針灸や電気治療を行ない、可動域がそれ以上狭まらないようにします。

さらに、本来の肩の動きを取り戻すために、固まった肩関節周辺の靭帯や関節包、筋肉にも治療を施していきます。
このようにすることで、痛みをなくし可動域を元の状態まで戻すことができるだけでなく、肩関節が正しい位置に戻るため、再発の可能性を極力抑えることもできるのです。

五十肩は非常につらい痛みで、生活水準を落としてしまいます。
一日も早い回復を目指すために、ぜひ豊島区東池袋のオアシス整骨院にご相談ください。

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分