診療時間

テニス肘(ゴルフ肘)

こんな症状でお悩みではありませんか

  • テニスでバックハンドの際肘が痛む
  • ゴルフのし過ぎで肘の内側に痛みがある
  • 手首を捻った時に肘がズキッとする
  • デスクワークで1日中パソコンを打っている
  • 医師から腕を休ませるように言われ困っている

テニス肘(ゴルフ肘)とは?|東池袋 オアシス整骨院

テニス肘は正式名称を上腕骨外側上顆炎といい、肘の外側が痛みます。
また、ゴルフ肘は上腕骨内側上顆炎といい、膝の内側に症状が出ます。

どちらも、テニスあるいはゴルフで起こりやすいことからそう呼ばれていますが、テニスでゴルフ肘になることもあれば、その逆もあります。
また、家事や育児、パソコン業務、レジ打ちなど、日常的に手首や腕を酷使しがちな人にも起こりやすい疾病です。

原因とは?|東池袋 オアシス整骨院

これらの原因は、肘や腕だけでなく手首や指先の使い過ぎにもあります。
指や手首を酷使すると肘関節の内側あるいは外側にある筋肉が引っ張られ、炎症を起こして痛みを発するのです。

また、テニスやゴルフで痛めた場合は、フォームの問題もあります。
バックハンドの際の体勢が悪かったり、ゴルフで無理なスイングやダフりを繰り返したりすると、肘に大きな負担がかかりテニス肘やゴルフ肘を発症します。

当院の治療方針|東池袋 オアシス整骨院

テニス肘もゴルフ肘も、根本の問題は肘ではなく連続した動作や無理な姿勢にあります。
たとえば、パソコンの入力や家事で手首を始終動かしていると、その部分とそれに繋がる筋肉が疲労します。
テニスやゴルフも、趣味で行なう程度なら正しいフォームで行なえば症状は出ません。

そこで、当院では患者様の症状を引き起こしている原因を、問診と触診などの検査によって探り当てます。
その後、まず肘の痛みを軽減するために、炎症を抑えるアイシングを行ないます。
炎症が引いたら、根本の原因となっている部分にマッサージや鍼灸、電気治療などを行ない、痛みを取り除いていきます。

しかし、多くの場合この治療だけでは再発しやすくなります。
無理なフォームや姿勢を取ってしまう原因として、骨格や骨盤の歪みがよく見られます。
その場合、その部分から整えていかないと、また同じことが起こりやすくなります。

そこで、豊島区東池袋のオアシス整骨院では骨格や骨盤を矯正して正しい位置に戻し、身体に負担のかからない姿勢を取り戻していきます。
こうすることで、より自然なフォームでプレーすることができるようになりますし、仕事や家事でも腕や肘に負担がかかりにくくなるのです。

痛みにお悩みの方は、患者様一人一人に合った治療をご提供し、より早い回復を目指す豊島区東池袋のオアシス整骨院にお任せください。

お問い合わせ

  • アクア鍼灸整骨院
  • アクセスマップ
  • 診療時間
住所
〒170-0013
東京都豊島区東池袋4丁目27-10 サンソウゴビル4Fナイス・スポーツ内
アクセス
東池袋駅から徒歩3分、池袋駅から徒歩5分